かぷちーの投資ブログ

長期投資で資産を増やして、自由奔放に生きるためのブログ

投資成績 2020年2月21日時点

WS000064
WS000063

運用益:年初来-2.8%(上記銘柄は保有資産額の多い順)

資産増:年初来-2.0%

※新規購入した沖縄セルラーがPFから漏れていたので、再計算しました。
 やけに急に資産が減ったなぁと思ってました。まぁ先週から大幅減には違いないのですがw


今週は良いところなく、大きく資産が減ってしまいました。
コロナウィルスの影響が長期化して、特に中国絡みの製造・輸入・インバウンドの影響が大きな企業ほど売られてしまっているようです。

予想していたよりも大きな影響が出てきそうなので、今週は不安が少ない銘柄への変更を進めました。
2月決算のイマイチだった銘柄を切り離し、安定収益が期待できそうなKDDIと沖縄セルラーを少し買い増しています。

先週購入した丸井グループは今週になって大幅下落していますが、ここは純粋な百貨店というより半分くらい金融会社になりつつある業態なので、グループ全体では大きな落ち込みにはならないと見てひとまず様子見。またサンフロンティア・サムティもホテル事業にやや不安がありますが、ホテル事業が全てではないので様子見です。

コロナウィルスが予想していたよりも長引くと、増税とのダブルパンチで景気悪化に拍車がかかりそうです。特に中国からの物資供給が不安定になっていることが懸念材料。しばらくは景気に左右されやすい銘柄を避けて、中国の影響を受けにくい銘柄へのシフトを考えてみようと思います。

投資成績 2020年2月14日時点

WS000056
WS000057
運用益:年初来+0.7%(上記銘柄は保有資産額の多い順)
資産増:年初来+1.5%

先週からほとんど運用益は変わりませんでした。丸井グループの購入資金が少し足りなかったので、今年初の入金を発動させています。資産増は入金による増額です。

決算前から株価を下げていた丸井グループを追加購入しています。2ヶ月前までは株価が勢いよく駆け上がっていて「高いな~」と指をくわえて見ているだけでしたが、ようやく下がってきたので満を持しての購入です。もうすぐ優待を貰えますし、今後はずっとホールドしていく予定です。金のニワトリならぬ、ゴールドカード会員用の優待もあるので毎年貰います。

ざっと丸井3Qの資料を眺めてみましたが、増税のほかに台風・暖冬のマイナス影響が想定外に出ている印象でした。とはいえ長期成長には影響なさそうで、今は買いのチャンスだろうと捉えています。
https://www.0101maruigroup.co.jp/ir/pdf/conf/2020/conf_2020_3q_02.pdf
https://www.0101maruigroup.co.jp/ir/pdf/conf/2020/conf_2020_3q_03.pdf

マルイは店舗ごとに随分入店テナントの傾向が違っていて、博多のように体験型の店舗が多いビルもあれば、神戸のようにほぼファッションだけというビルもあります。もともとマルイは関東に店舗が多いのですが、機会があればいろんなマルイに行って比べてみたいと思います。

投信積立 2020年2月7日時点

WS000055

今月から開始した5万円の楽天の投信積立です。
ちょうど株価が下がっているタイミングでの購入でしたので、約4%の含み益が出ています。

毎月5万円で積み立てていけば+500円分の楽天ポイントが付与されるのと、楽天のダイヤモンド会員を維持しやすくなるので、そのメリットだけでも損はしない積立だと思います。
1年後にどのくらいまで増えるのか楽しみに待ちたいと思います。

実はもう1つ、投信積立用に口座開設してみました。そちらも準備ができたら記事にしたいと思います。

投資成績 2020年2月7日時点

WS000053
WS000054
年初来+0.7%(上記銘柄は保有資産額の多い順)

先週からのコロナショックでどこまで下がるかと思いましたが、現状は中国国内だけがパンデミックになっているようで、懸念が和らいで株価が戻ってきました。とはいえ、中国経済の失速が長引くと徐々にボディブローのように効いてくるので、注意はしておきたいと思います。

今週は保有銘柄の約半分が決算でした。特に主力にしているサンフロンティア不動産が好調で、一番の含み損だった銘柄から一気に含み益圏内まで昇格しました。ソフトバンクも順調で配当金を噴水のように吐き出してくれそうです。かなり多くの銘柄が好調という嬉しい2月決算となりました。
(MCJの業績はすこぶる好調ですが、相変わらず株価は素直でないですねぇ)

一方、下方修正で大きく下げた丸井グループですが、予想していたよりは悪くなかったという印象です。増税後は百貨店商材の売上が鈍るため、3Qは悪くなるだろうと予想していました。とはいえ、フィンテック事業の伸びは好調ですし、3Qで下がった後が買いのチャンスだと考えています。しばらくは軟調な株価がダラダラ続きそうなので、その間に少しずつ買い増ししていく予定です。

高配当&増配を狙って保有していた総合商社株の多くは業績不振でしたので、売却してソフトバンク購入に充てています。ソフトバンクの業績なら今期の減配はなさそうなので、お小遣いをたくさん貰えそうな会社から頂いておくことにします。

年初来マイナスまで落ち込んでしまった資産は、今週一気に取り返してなんとか年初来プラス圏内まで回復。業績が悪そうなとこは早めに切り落とし、好調なレギュラー銘柄の布陣で資産を増やしていきたいと思います。

投資成績 2020年1月31日時点

WS000356
WS000358

年初来-1.9%(上記銘柄は保有資産額の多い順)

中国でコロナ騒動が発生し、世界経済にも飛び火したのか今週の相場は低調でした。
マスク関連の銘柄は暴騰しましたが、マスコミが不必要に不安を煽っていて感情的にマスクを買い漁っている人が多いようです。一時のブームに乗っかるようなことはせずに冷静に行動したいと思います。

日経平均よりはマシだったものの、週間-2%以上も下げて年初来マイナス圏に突入。
とはいえ今は大型株中心のPFなので、小型株に比べると値動きは控えめでした。

今週決算だったタカラレーベン・ヒューリック・KDDI・エネクスはいずれも好業績。いずれも増配傾向が高い企業なので、株価だけでなく配当のほうも期待しています。来週は保有株の半数が一気に決算を通過するので今からハラハラしておりますが、無事通過してくれることを祈るのみです。

また2月から楽天証券で定額積立を開始するので、今後はいつものPFとは別に定額積立の推移もUPしていく予定にしています。

1月もしっかり貯金できましたし、そろそろ12月に仕掛けておいた配当がチャリンチャリン入り始める頃ですので、悲観的になっている相場が落ち着いてきたら買い向かいたいですね。